Kichi-doll'blogs

User blog

Welcome Kichi-doll!

Posted on January 14, 2020 by doll kichi
ネットによると、人造人ラブドールを貸し出す会社は、適切なライセンスなしで運営されているために政府から請求されています。このビジネスは、エグリントンアベニューとディクシーロードの近くにあります。 リアルドール会社は、性的満足のためにセックスドールのレンタルサービスを提供しています。ビジネスの正確な場所は、予約がオンラインで予約された場合にのみ公開されます。このラブドールメーカーは、ウェブサイトを訪れるお客様に性的満足のためにシリコンドールをレンタルしています。予定がオンラインで予約されると、ビジネスの場所が開示されます。 ラブドールの販売は違法ですか? ミシサガは昨年11月からドールを調査しています。12月13日まで、ビジネスはまだ予約を受け付けていました。ダッチワイフ通販会社の営業時間は、月曜日から土曜日の午前8時から午前2時までです。キャサリンモナストはミサガ市のシニアメディアアドバイザーの都市であり、セックス人形店に対して2つの告発を行ったことを確認しています。これらの料金の1つは、免許不要のアダルトエンターテイメントビジネスの運営です。 ミシソーガの条例では、9つのアダルトエンターテインメントビジネスのみが市内で同時に営業することを許可しています。アダルトエンターテインメントビジネスの定義は、「性的または性的な欲求や性向に訴える、または訴えるように設計されたサービス」を提供する場所です。 モナストによると、市は現在「フルキャパシティ」に達しており、リアルドール会社の運営資格はありません。2番目の料金は、ミシソーガのゾーニング管理者から適切な認証を取得せずに建物の使用を変更するためのものです。 日本では、ダッチワイフ通販店は普通でしょうか? 同じ名前の同様のビジネスが2018年9月にトロントで開業しようとしました。トロント市議会議員のジョン・フィリオンは、開業前にリースが拒否された都市に提案された場所で事業を行うことは許可されていないと述べました ラブドールメーカーは、「世界で最も美しいシリコンレディースでサービスを提供する北米初の売春宿」であると主張しています。ラブドールレビューで30分間なら90ドル、人形で4時間なら480ドルです。 リアルドール通販店は、2020年1月30日にミシソーガのオンタリオ州裁判所で裁判所に出頭する予定です。ミシサガのアダルトエンターテイメント条例に違反すると、最高5万ドルの罰金と最高1年間の禁固刑が科せられます。
Read more
Posted in Uncategorized | 1 Comment(s)